PS4&スイッチ版ドラクエ11(ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて)攻略情報|ファンサイト

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めての攻略情報、ストーリー、キャラクター、マップ、アイテム、裏技、動画、スクリーンショットなど。
対応機種:PS4/3DS/Switch|ジャンル:RPG|プレイ人数:1人|発売日:2017年7月29日|発売元:スクウェア・エニックス


アクセス数が多いページ

 [1] 全クエストリスト
 [2] 地図/各種マップ
 [3] 鍛冶の素材一覧

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて 商品情報/概要


タイトル

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

ジャンル

ロールプレイングゲーム

対応機種

PS4/3DS/Switch

発売日

PS4版&3DS版:2017年7月29日(土)
Switch版:未定

価格

PS4版:8,980円(税抜)
3DS版:5,980円(税抜)

プレイ人数

1人

セーブ数
(冒険の書)

PS4版:9個(オートセーブ機能あり)
3DS版:3個(中断セーブ機能あり)

必要容量

PS4版:40G以上のHDD空き容量が必要。
3DS版:3G以上のSDカード空き容量が必要。

CERO
レーティング

A

スタッフ

ゲームデザイン&シナリオ:堀井雄二
キャラクターデザイン:鳥山明
作曲(音楽):すぎやまこういち
プロデューサー:齋藤陽介
ディレクター:内川毅

販売元

スクウェア・エニックス


「ドラクエXI」ゲーム概要
「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」はドラゴンクエストシリーズのナンバリングタイトル第11作目として2015年7月28日に正式発表されました。これまでのナンバリングタイトルは基本的に任天堂またはソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)用どちらかのシングルプラットフォームでしたが、本作ではシリーズ初の任天堂・SIE両ハードでのマルチプラットフォーム展開となります。
また、前作「ドラゴンクエストX オンライン」ではインターネット接続が必須となるMMORPGでしたが、本作はドラクエIからIXまでと同様にオフラインのRPGとなります。戦闘も「X」がリアルタイム式だったのに対し、本作では非リアルタイムのコマンド入力式となります。

「過ぎ去りし時を求めて」というサブタイトルはシリーズ30周年ということで、30周年の思いを込めたことと、物語が時を絡めたものになるため決定されました。(堀井雄二氏談)また、ロゴのバックにいるドラゴンは初代ドラゴンクエストのタイトルロゴを反転したものになっていて、これは原点回帰を掲げたものとなっています。
作曲は今までのシリーズ同様にすぎやまこういち氏が担当し、新曲が多数書き下ろされます。なお、シリーズでおなじみの「序曲」はイントロが「I」から「III」で使用されたもののアレンジバージョンとなっています。

「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」PS4版プロモーション映像


PS4版「ドラクエXI」について
PS4版はUnreal Engine 4を使用し、リアル頭身のキャラクターを3DCGによるトゥーンレンダリングで描写してそのまま動かせるようになっており、遠くの場所や高い場所まで緻密に描かれたグラフィックスとなっています。
移動操作には「ジャンプ」が追加されて探索範囲が広がり、屋根の上などに登ったりすることもできます。
戦闘シーンでは「フリー移動バトル」と「オートカメラバトル」の2つのモードをバトル演出切り替えコマンドで切り替えることが可能です。
また、PS4版はPlayStation Vitaでのリモートプレイにも対応しています。



サイトメニュー
┣▶ 主人公
┣▶ カミュ
┣▶ ベロニカ
┣▶ セーニャ
┣▶ シルビア
┣▶ ロウ
呪文
カジノ
サイト内検索